2017年4月12日 (水)

Adobe Acrobat Reader DCで印刷しようとすると「.prn」という拡張子ファイルを保存しようとするため、印刷ができない

1. Windows10PDFが印刷できない(文書を印刷できません)

 

最近になって(Aniversary Update以降?)、Windows10の環境において、Adobe Acrobat Reader DCで印刷ができないケースが発生しています。

印刷しようとすると「文書を印刷できません」ダイアログが表示されます。

 

この場合、

メニューバーより「編集」→「環境設定」を選択します

 分類タグ「文書」  PDF/Aモードで文書を表示「 適用しない」に切り替える

 分類タグ「セキュリティ(拡張)」  「起動時に保護モードを有効にする 」のチェックを外す

  分類タグ「セキュリティ(拡張)」→「拡張セキュリティを有効にする」のチェックを外す

で印刷できるようです。

 

2. 私の場合はちょっと違った

 

PDFの文章を印刷しようとすると.prnという拡張子のファイルを保存しようとするだけで、肝心な印刷が出来ません。

 

印刷はAdobe Readerで行っていますか?

それでしたら「メニューバーのファイル」→「印刷」で表示される画面の下のほうにある「ファイルへ出力」のチェックをはずしてみてください。

 

というのをネット検索で見つけた。

 

メニューバーの「ファイル」→「印刷」

印刷のなかの上の段「詳細設定(D)」を開けると、

「ファイルへ出力」というところが一番下の行に出てくる。

ここの□にチェックが入っていた。ので、それを外す
とあら不思議直ってしまった。

ファイルへ出力などというチェックなどした覚えもない。いつの間にか勝手にそうなってしまったのか?WINDOWS10にしてからどうもおかしなことばかり。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

D500 続テスト AF微調節

Dsc_3095clup_250
 
AF微調整で道路標識を使ってみたが、なかなかうまくいいかなかった。日中の明るい時間にやれというのでやってみた。

d500の「メニューガイド」をニコンHPから引っ張てくる。
サポートの→ダウンロード D500メニューガイドの131ページから132ページにかけて書いてあります。

キーワード
AF-Sに設定。シングルポイント。ライブビュー。
AFボタンと動画ボタンを同時に2秒

三脚立てても、この同時2秒押しで微妙に震える感じがする。
1回目+8・2回目+9・三回目+19.。。ほんとか?登録削除。今度は-7とかうまくいかない。結局+-0になってしまい。やめてしまう。
結局最後は、+-0に落ち着いたが、これでいいのだろうか?

そもそもズームレンズにはあっていないのだろう。

400㍉望遠端に合わせてみたが、F5.6で何度やってもどうもうまくいかない。
飛行機を写しに行ったが、400㍉端ではびっしり来ない。

写真は210㍉あたり。この辺はしっかり写るようです。

Dsc_3152_241_252_2




これは400㍉端F8 前足にピント

Dsc_3703_254_2
2017.4.12晴れ
再度、三脚を伸ばさない状態で、
①+10 ②+7 ③回目+9
こんなもんか+9で設定してみた。
およそ15から20メートルの距離、レンズは80-400㍉、絞りは開放5.6
+ということはピントの合う位置がカメラから遠ざかる。すなわち前ピンだったということか?調整後の画像がこちら。


Dsc_4057_266_4


Dsc_4055_268
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

D500+AF-S18-55㍉

先日、D500にプラスチックレンズを付けてみた。

つまり、20万円のボディに数万円のレンズ(D5300に付録でついてきた)をつけてみた。

ボディがでかくてレンズが小さくてとてもバランスが良い  とは言えない。
が、持ち運びには軽くていい。


Dsc_2814nefdlnefclup_202_203

コゲラがいたので、撮ってみました。

望遠側がやや短くて、トリミングやら、露出補正の結果ややみられるものになりましたが、どうでしょうか?

このレンズその改良型が出てAS-PとかいうAFの早いものになったようだが、それなりの優れものかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

東海道新幹線

Dsc_2625_200

D500+80-400㍉(210㍉)  1/2500 F5.6 ISO400

Dsc_2670clup_201

| | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

1000円台の老眼鏡研究

Dsc_0505_199_4

さすがに100円ショップのしょぼいデザインのは、いただけません。
たまたま通りかかった「メガネドラック」で1,296円で売っていた老眼鏡を買ってみました。

というのが1年半前の話、この老眼鏡、ホームセンターなどで売っている「オールプラスチック製=ツルまでもすべて」のものより、若干重量があるが、それでも軽い。

ヨドバシカメラで以前購入した「エニックス
WT-403MF-10 [リーディンググラス 1.0度]

というのもあったが、こいつは重すぎて、かけていると落ちてくるまったくいただけない。

どこのメーカーがか調べてみた。

Dsc_0503_197_10

ツルに「ライブラリー4370」の文字が見える。

Dsc_0504_198_8

蝶番の部分にねじが2個止まっている。

検索したところ、名古屋眼鏡のライブラリー4370という製品であることが分かった。

さらに西のほうの通販会社で1,000円以下で売っていることが分かった。
アマゾンでも取り扱っているようであるが、こちらでは送料入れると2,000円近くなるようである。

安モノ買いの銭失い。この老眼鏡はそれでも当たりのほうであると思われる。
たしかに蝶番のネジはよくゆるむ気もする。

1,000円台の老眼鏡をお探しの方(とりわけオールプラスチックの老眼鏡で苦労している銭失いの方)は、メガネドラックで試用してみてはいかがですか?小生は別にメガネドラックの桜ではありません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

オオバン   ジョウビタキ

Dsc_2472_194_2

さしたる珍しくもない。鳥撮り。

NikonのD500の試し撮り、近所の池で今まで鳥なんかどうでもよかったのに、撮ってみました。なかなか難しいものがありますが、撮っているうちに面白くなてきました。
ネットで名前も調べてみました。ただそれだけです。

Dsc_2498_195

Dsc_2499_196

こちらは、ジョウビタキのメスだそうです。ジョウビタキの投身自殺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

ロープロフィリップサイドシリーズの最大の欠陥?

ずばり、登山用のリュックでいうと「チェストハーネス」部分の部品が、外れやすい。
時々はずれて、反対側のベルトにブル下がっていたが、ついに接続していないときに、どこかへ落としてしまったようだ。
 
ハクバ写真産業株式会社に問い合わせてみた
ちなみに
チェストハーネス=スターナムストラップというらしい。
 
お問い合わせいただきました部品は、
フォトハッチバック16LAW用のスターナムストラップ
(胸の前で留める細いベルト)と推察いたします。

フォトハッチバック16LAW用のスターナムストラップは、
オス側とメス側のセットになりまして、
1セット迄でしたらお取り寄せは可能です。
また、スターナムストラップは、お客様自身にて脱着が可能です。

それのご購入の方法は、誠に申し訳ございませんが、
お近くのカメラ店様にてご注文していただきますよう、
宜しくお願い致します。
尚、お値段と納期につきましても、
ご注文いただくカメラ店様にお問い合せいただきますよう、
宜しくお願い致します。

フォトハッチバック16LAW用のスターナムストラップは部品になりますので、
商品コードや定価や正式な商品名がございません。
従いまして、カメラ店様にご注文いただく際には、
「フォトハッチバック16LAW用のスターナムストラップのオス側とメス側のセット」
という名称でご注文いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。


以上、簡単ではございますが、ご案内させていただきました。
ご不明な点がございましたら、何なりとお問い合わせ下さい。

今後とも弊社ならびに弊社製品をお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。
なんとも面倒なことになった。
 
部品を取り寄せるのはやめて、他のザックについていたチェストハーネスを代用することにした。
この方法は内緒。
 
 
プラスチックの留め金のようなものが、ショルダーハーネスのなかに縫い込まれたプラスチック製と思われるレールを挟んでいるようになっているため、下に隙間があり外れてしまうのである。
なんでこうなっているのか。
他のシリーズもすべてこうであることから、改良する意思はないようである。
 
Dsc_6335_184_3
これは、今回片方(メス側)紛失したため、使用不能になったフォトハッチバック16LAW用のスターナムストラップ(オス側)
 
 
Dsc_6334clup_187
フィリップサイドスポーツ10L  AW
 
Dsc_6332_185_2  
フィリップサイドスポーツ10L AW   
ショルダーハーネスとチェストハーネス
 
写真のフィリップサイドスポーツ10LAW。
島忠ホームセンターへ行って結束ベルト50センチ@158円を買ってきて外れないようにぐるぐる巻きにして結んでみた。
ショルダーハーネスに縫い付けられたプラスチック棒の下部に、隙間がありそこからひょんな拍子に外れてしまうのである。
フィリップサイド型は、ヒップベルトを締めたまま、リュックを背中からお腹のほうに回転させて、リュックを下すことなく、カメラ機材が取り出せることをうたい文句にした製品である。
よって、チェストハーネスを止めていると、すぐにそのスタイルにならないため、使用しづらい場合があるということなのだろうと推測する。
チェストハーネスを使用する人が少ないか。あるいはそれ自体を外して使用することが前提になっているのか?
それにしても何とか改良できるのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

アシックス商事(株)ラクウォークRM-9151

オリエンタルシューズのダンロップブランドDL4242という6,980円もした、
やす靴(革靴)やっぱり気に食わないので、
もっと徹底的に安いスニーカー安靴を買ってみた。
ラクウォークRM-9151

アシックス商事というアシックスの子会社の製品
防水ということになっているらしい
幅は4Eとなっているが、
広島化成の「ダンロップDU666」の4Eより明らかに狭い感じ



001_180_4

002_181_3

そのうち感想などを記録しておこうと思う。

| | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

ダンロップDL4242という革靴→質問してみました

最近、合成皮革や人工皮革という靴が妙に目立ってきている。
価格も5,000円前後、で、一見天然皮革と同じようにも見える。
しかし、
過去の経験から、天然でないものはやはり、足がむれむれになる傾向がある。と思われる。
ダンロップブランドDL4242というものが、税込み6,980円
で売っていたので買ってみた。店のポップでは天然皮革の枠に〇がしてあり、
価格からしてほぼ間違いなしと思って購入してみたものの。
靴につけられていた「タグ」にはその表示がない。
帰宅後、ネットで調べると、楽天やアマゾンでは、「本革」と書かれている。
やや安心したものの、
靴の幅が4Eとなっているものの、どうみても4Eとはいいがたい。明らかに狭い。
しいていえば、2.5Eってところだろう。
実際に製造しているのは、奈良県にある「オリエンタルシューズ(株)」なる会社である。
ここの社員は、どうやらみんな足の幅が狭いらしい。
本革とすれば、そのうち、横に伸びてくるかもしれないが、どうなんでしょう。
不当表示って感じですね。
Oriental002_2 Oriental003_2
さっそくメーカーに質問してみました。
回答が来ました::
 

オリエンタルシューズ㈱の●●●と申します。

この度は弊社商品御買い上げ頂き誠に有難うございます。

  早速ですがお問い合わせ戴きました事に付きましてお答えさせて戴きます。

 このDL4242は本革製です。
  従来は牛革のものが多くそれが当たり前だった事もあるのか
  あえて牛革や本革と明示しませんでした。ただ最近は合皮の完成度が高くなり
  また合皮製の商品も非常に増え、それとの差別化、或いは購入する際の解り易さ等の理由で本革タグを付ける商品が増えたようです。弊社商品でも新規に発売する商品に
はタグを
  つける物が増えましたが必ず付けるというものでは現状有りません。
  しかし前述した様な購入する際の解り易さという観点などから今後は積極的に
  タグや他の方法などで明示した方が良いかと考え、順次その様にしているところ
です。
 

 4Eについて
  これは悩ましい問題なのですが、現在靴のワイズ(幅や甲の高さ)は各社の自主
基準によっており
  業界で共通の取決めは有りません。よってメーカー・デザイン・機能などで同じ
4
Eでも足入れ感はかなり
  違うかと思います。
  弊社の基準値では、例えば同サイズで3Eラスト(木型)と4Eラストの違いは約
6mm
の大きさの差が、
  またサイズが1サイズ上がればワイズは4mmの大きさの差になる様になってます。
ただこれもその商品に装着する
  インソールや足あたりを良くするスポンジ様な中物の厚さの加減で実感として違
うかもしれません。
  実際今回ご指摘の4242についても非常に厚めのスポンジインソールが装着して有
り、またこれが一つの
  セールスポイントになっているのですが、逆にこれゆえお客様の足型からすると
狭いと感じられたのかもしれません。
  ご指摘の伸縮性の有るキャンバス素材のスニーカーとこの4242の様な革製のタウ
ンカジュアルシューズとでは
  根本的な設計基準が違うのでかなり足入れ感は違ってくるかと思います。例えば
ナイキのランニングシューズ
  と会社員の方が履くビジネスシューズの同じサイズのものを履き比べてみて下さ
い。メーカーや用途目的に応じて設計された靴の
  違いが良くわかるかと思います。
  ワイズ表示は一つの目安として幅広な方はその中から数種類の靴の足入れをして
みてご自分に合うものを
  選ぶというのが靴選びには大変重要かと思います。
 
 靴底について
  ウレタンではなくこれはEVA(エチレン・酢酸ビニル共重合樹脂の略)という
素材を主に使っています。
  軽量で弾力性に富み近年カジュアル・ビジネス問わず靴底に多用されるようにな
りました。
  ただウレタン同様に寿命はこれに限らず化成品は劣化します。
  底素材だけでなくアッパーと底を貼り合わせる接着剤も状況によって劣化し底が
剥がれたりします。
 5年を保証するものでは有りませんので経年変化にはご注意戴き
  そうなる前に履きつぶして戴くのが良いかと思います。
  特に一度履いて汗を吸わした状態で大事に靴箱にしまっておいたりすると劣化が
予想以上に
  進む場合も有ります。

 以上、拙いご説明になりましたがご理解いただければ幸いかと思います。
 
 また12/291/4まで弊社は正月休みとなってます。


 今後とも末永く弊社商品ご愛用の程宜しくお願い申し上げます。
 それでは良いお年をお迎えください。

 

オリエンタルシューズ株式会社

とても丁寧な対応のようです。昨今の靴の靴底についても適切な回答をいただきました。
 



 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

きもい

Dsc_62242akarusa_168

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«九品仏と紅葉